樹木の老朽化対策に新発想!「貫入試験」のご案内

目次

木材の貫入試験とは?

貫入試験は、木材の機械的性質や強度を測定するための一般的な試験方法の一つです。この試験では、木材の表面に直径が特定の規格に従った錐状の先端を持つ試験機器を使って、一定の速度で貫入していきます。

貫入試験の目的

貫入試験の目的は、木材の抵抗力や硬度を測定することです。この試験を通じて、木材の品質や適用可能な用途についての情報を得ることができます。また、建築材料や製材業界において、木材の特性を評価するための重要な手法となっています。

試験の手順はどのように行われますか?

  1. 試験体の準備: 試験に適した木材試験体を準備します。これには、適切な寸法と表面の平滑化が含まれます。
  2. 貫入試験機のセットアップ: 試験機器を設定し、試験条件(貫入速度など)を設定します。
  3. 貫入試験の実施: 試験機器の先端を木材の表面に当て、一定の速度で貫入を開始します。貫入の深さと負荷(荷重)を測定します。
  4. データの分析: 貫入試験の結果から、木材の硬度や抵抗力などの特性を分析します。これにより、木材の品質や適用可能性に関する情報が得られます。

貫入試験の利点と応用

  • 品質評価: 木材の品質や耐久性を評価するための貴重な手法です。
  • 製品開発: 新しい木材製品の開発や改良に役立ちます。
  • 建築業界: 建築材料としての木材の適用性を判断するために使用されます。

貫入試験の注意点

  • 表面処理: 試験体の表面の状態や処理方法は、試験結果に影響を与える可能性があります。
  • 標準化: 貫入試験の標準化された手法を使用することが重要です。

ピン貫入試験機 ピロディン6J

ピロディンは、一定のエネルギーでピンを打ち込み、その貫入深さから木材の密度や強度、腐朽度合いを測定するために開発されました。樹種ごとにそれぞれのデータを作成し、そのデータに基づき評価して使用します。

特長

  • 外部から進行する腐朽度合いを定量的に測定
  • 操作が非常に簡単で、個人差なく同精度で測定可能
  • 電源がなく、軽量でポータブル

用途

  • 治山対策用木製土留め剤の腐朽診断
  • 木製遊具・木製土留め材などの腐朽診断
  • 住宅用土台、水回りの木材の腐朽診断
  • デッキやベランダ用木材の腐朽診断

詳細情報は公式ウェブサイトでご確認ください: ピン貫入試験機 ピロディン6J

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらこの記事をシェアしてください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次